ずっと欲しかった物たち。

J-Foto フォト ブロッグ 写真デパートの積み立てが満期になったので

憧れのキッチン道具を、、、と言うより台所道具を買ってみました。

                                                

日本製の竹ざる

木製の落としぶた

野田琺瑯

                                                

竹ざるはゆでた葉っぱをさましたり

他の木製の道具を干すのにつかったり。。。

渋いな〜。

落としぶたはマクロビでは必需品で

乾物や陰性の物をコトコト煮るときに蓋ではなくて落としぶたをつかいます。

                                                 

土に帰るもの。。。と思って昔ながらの木の物にしました。

                                                 

野田琺瑯は長く使えるように。

プラスチックの蓋は買い替えることができます。

なんと行ってもおしゃれなんだよね。

日本風のキッチンにも似合うし。

                                                

私が死んだときにゴミが残らないよう。

あのばあちゃんが使ってた野田琺瑯もらっていいですか?

とか言われる様な暮らしがしたいなあと思います。

                                                

それにしても餃子問題。。。。

みんなそんなに冷凍食品って食べてるんでしょうか?

家の冷蔵庫にある市販の冷凍食品といえば

アニューでかったベーグルとフライドポテトぐらいかな?

後は肉とかコロッケの残りとか味噌とか。。。

                                                

食の安全は?って言うけど

台所仕事を人任せにして、安いもの簡単な物を求め過ぎた結果ではないかしら?

だからわたしは専業主婦をやってみる言うのはある程度必要なのではないかと思います。

でも私はまともに働いた事がないので何とも言えないんですけどね。

                                                

もっとゆる〜く美味しいものを頂いて暮らして行ける世の中に戻るといいのに。