宮之浦岳〜縄文杉(day1)

ついに九州最高峰宮之浦岳をアタックする日がやってきました。

前日は早めに就寝。。。のつもりが宿にあこがれのワッシーが登場してついつい12時に。さらに、友達はほかの宿泊客がうるさくて眠れなかったみたい。で、早朝4時起床のこの日の体調はまあまあかな?

淀川登山口を出発して、湿原や川をこえてひたすら歩く。大きな屋久杉や小さな植物、生き物をガイドさんに説明してもらいながらゆっくりだけどひたすら歩く。とちゅう美味しい沢の水を補給してひたすら歩く。途中鎖場もあり!

J-Foto フォト ブロッグ 写真J-Foto フォト ブロッグ 写真J-Foto フォト ブロッグ 写真J-Foto フォト ブロッグ 写真J-Foto フォト ブロッグ 写真J-Foto フォト ブロッグ 写真J-Foto フォト ブロッグ 写真J-Foto フォト ブロッグ 写真J-Foto フォト ブロッグ 写真
 

今回は山小屋で一泊するので寝袋とマットと着替えや多めの飲み物を担いでいるのでとっても不安でした。しかし!4人のザックのサイズがバラバラだ!わたしは余裕をもって40リットル、二人は35リットル、後一人は普通のリュック20リットルぐらいか?なめてましたと反省してました。でも、すごかったのはガイドさんの荷物。一人で4人のお客さんを連れて行く訳なのですごい荷物でした。自分の分プラス、私たちの食料、救急セット、いざと言う時のテントまで。。私たちには持ち上げることもできないほどの重さで20キロぐらいって言ってました。

実はこのガイドさん、一昨年にうみがめボランティアで一緒だったタッカーだったのです。わ〜いタッカーと一緒だ〜と喜んだものの、いくら仕事とはいえこんな思い荷物を持たせて、おまけに私らの猛烈なタッカーいじり。。。ありがとう。とっても楽しかったです。

J-Foto フォト ブロッグ 写真J-Foto フォト ブロッグ 写真J-Foto フォト ブロッグ 写真J-Foto フォト ブロッグ 写真
 

J-Foto フォト ブロッグ 写真J-Foto フォト ブロッグ 写真さて、のんびりのんびり雨の中を宮之浦岳頂上を目指す私たち。少しずつ天気もよくなりついに宮之浦岳山頂に!しかし、あまりにものんびりすぎたためとっとと写真をとって前に進みます。どうやら今夜の目的の新高塚小屋までたどり着けそうもなくテントをはることに。もちろん私たちは大喜び。風が強くて一度はったテントをまた移動したり大変だったけど、夕方にはすっかり天気も回復して永田岳に沈む夕日や雲の間から奇麗な星空も見ることができました。今日は寝不足もあってかなり疲れたので焼酎はほどほどにしてタッカーが作ってくれた美味しい豚汁を食べておとなしく寝ました。