栗の渋皮煮

J-Foto フォト ブロッグ 写真友達が毎年作ってるって言うので私もやってみました。

j-cafe でもレシピを公開してらっしゃる方が何人かおいでます。

まずはのっぽくんで無農薬の栗を購入。

こういうときにいつも思うのは

たとえば、昔なら山で拾ってたような物にまで最近は農薬が使われているのかしら?

ってことです。

気にしなければべつにスーパーで買ってくるんだけど

オーガニックカフェでバイトしてるんだからちょっと気にしてみました。

J-Foto フォト ブロッグ 写真J-Foto フォト ブロッグ 写真その栗を一晩水に漬けておいて次の日の朝ご飯を食べてから作業開始です。

一つ一つ丁寧に鬼皮をむいて行きます。

水に付けてあるからわりとぺろっと剥けるんだけど結構大変です。

J-Foto フォト ブロッグ 写真それを重層を少し入れて湯でこぼして行きます。

悪魔のようにアクがでます。

J-Foto フォト ブロッグ 写真15分ぐらいゆでては水にさらして渋皮の固い筋をとっていく。。。

と言うのを三回繰り返します。

丁寧にやらないと渋皮が剥け過ぎちゃうし

剥けすぎると栗が崩壊するし!大変!

でも、秋の日差しを台所の窓から感じながら丁寧な仕事をして行くのは

とっても楽しいものです。

初めてなので何処まで筋をとっていいのか?とか

途中で崩れた栗を食べたらあまりに美味しくてここで止めておこうか?

とか思ったりしたけどなんとかさいごまでがんばりました。

味付けは

甜菜糖がちょっぴりしかなかったので

メープルシロップと米飴で甘みをつけました。

そしてブランデーか紅茶を入れるといいらしいのですが

ブランデーはなく、でもお酒を入れたいということで

紅茶のリキュールをいれました。

ん〜、大変やさしいお味に仕上がりました。

甘みが薄いのであまり日持ちはしそうにないけどね。

小瓶に分けて友達にプレゼントしたり実家に持って行ったりして新鮮なうちに食べてしまおう。

これ、便秘にもいいらしいです。

そうぞお試しください。