2005年 3月のアーカイブ

ホリデー!

2005年 3月 15日 Tuesday

いま、プーケットのラチャヤイアイランドというところにきています。
プーケット島の町やココナッツの森や海にはまだまだ津波の影響がのこっていますが、
太陽がキラキラして海が真っ青なプーケットではみんな前向きに日常生活をとりもどしつつあります。よかったです。。。

山本達彦!!

2005年 3月 7日 Monday

今日の私はいつもと違う。。。
ばっちりお化粧して、私にはありえないワンピースきてコートはカシミア、髪はさらさらにブロー!!こんな私が今日でかけるのは青山にあるマンダラというライヴハウス。15歳ごろに大好きだった『山本達彦』のライヴがあったんです。なぜかいま私は再び彼にはまってしまってます。しかし、シティーボーイだった彼ももう51歳!どんなふうになってるのか不安もあったけどとにかくG0!そしたら開場15分前に着いたわたしの目の前を黒いスーツの達彦さんがすーっと通り過ぎていったのです :shock: ずいぶん小柄な印象だけど相変わらず素敵 :oops: 一目みてもうやられたって感じです。案外良い席順だったので会場ではピアノをはさんで達彦さんの真っ正面にすわることができました。小さい場所なのでほんと近かったです。そして静かに歌い始めたその声は今も変わらずあま〜くうっとりさせられるお声なのでした。ギターをひくところでは横顔を堪能しもうメロメロな私でした。17曲ほど歌って終わりましたが。。そうねーちょっとものたりないといえばものたりない!はじめてのわたしは大満足だったけどね。ライブが終わってから、出てくるのをまってちょこっとプレゼントをわたして握手してもらいました(手袋だったけど。。)そのときちゃんと目をみて握手してくれたのがとってもうれしかったなー :oops: そのあと他のファンの方達とご飯を食べながら愛ある辛口トークでもりあがりました。ホテルについてからも興奮さめやらぬ私はひとりシャンパンで達彦さんとの再会をお祝いしたのでした。。
ところで、会場に着く直前にはいてた靴が壊れて、タクシーで50m先のベルコモンズまでいって、入り口から裸足で靴屋まで走っていったのは私です。泣きそうでした、さすがに :(