2005年 12月のアーカイブ

あわおどりでメリークリスマス

2005年 12月 27日 Tuesday

25日はクリスマス。ことしはあわおどり!
『あわおどり』っていう地鶏をお肉屋さんで予約して購入。約2、6kgで3,300円でした。冷凍のターキーを焼いたこともあったけど、新鮮なもののほうが美味しいんじゃないかということで今回チャレンジ!
 この日の朝は久しぶりにガリーさんとのんびりフレンチトーストとベーコンの朝ご飯。それから足りない食材をかって部屋をちょっと片付けてツリーとサンタさんを飾って(遅い!)準備万端で、3時半ごろから料理に取りかかりました。
 中の詰め物は豚のひき肉とリンゴのみじん切り、たまねぎ、セージなど。まあハンバーグみたいなもの。それから鳥全体にバターをたっぷり塗って(これがなかなか難しい!)オーブンに投入。今年は足を縛らずに焼きました。その方が火の通りがいいみたいです。焼いてる間にサラダやポテトの準備をして1時間半、今年はいつもよりスムーズにこんがり焼けました。グレービーソースもたっぷり作れたし。この12年で最高のできではないかと思います。やっぱり新鮮な地鶏を使ったのがよかったのかも。手羽先が最高に美味しかったなー :D
 ほんとに美味しかったので二人ともサラダには目もくれず、サラダが残ってしまうという現象まで。。。で、ロゼシャンパンを2本いただきましたとさ :oops:

すんごい雪だから

2005年 12月 19日 Monday

 『凍』という日本人クライマー夫婦の本を読みました。ギャチュンガンという雪山を登る話なんだけど、これがもう凄い!こんなのをもっと若いときに読んでたら私も今頃エベレストにいってたな!現実は低山ハイカーな私です。しかし、雪山に登らずとも近頃の北陸もものすごい積雪&雷で長靴はいて頭はすっぽり帽子をかぶり狭い視界で夕方吹雪のなかを歩いていると『おー雪山だー!』なんて気分になって楽しい。ざくざくつるつる一歩一歩踏みしめる感じがたまりません。という訳で、雪道を歩くのが全く苦にならない自分に気がついた。妄想力って大事ですね。

なんとなく鬱病

2005年 12月 10日 Saturday

 ここ、一ヶ月ぐらい自称鬱病でした。まあ、こんなこといったらほんとに鬱病の人は気分わるくするかもしれないけど。一応通院けいけんありなので、ゆるしてね。
 さて、鬱病っぽくなるとどうなるかというと。。。すべての間が悪くなるんです。なんでもないのになんとなくイライラしてるのが自分でもわかって、それを先に公表すればよかったのに、もうそろそろおさまるかなー?と思いつつけんかになったり。。。旅行の計画がうまくたてられず、東京にライブに行ったのにトンボ帰りになってたり、東京のお店でお目当てのケーキにありつけない、ランチが大して美味しいくなかった、などなど。悪いものがよってくる感じになっちゃう :roll: 。そんなことありませんか?あーそうそう、東京いく前夜になぜかわたしは大泣きするはめになって顔がパンパンに腫れてしまってもう行くのやめようかというところまで行ったのだ。でも、行ってよかった。達彦さんのライブ。元気でました。そして飛行機の窓から見えた富士山!日本人でよかった。。と しみじみ思いました。では。。。