2009年 12月のアーカイブ

今年もローストチキン

2009年 12月 28日 Monday
J-Foto.com Blog Photo Blog

今年も無事に二人でクリスマスを迎えることができました。

毎年わくわくあたふたしながら作るローストチキン

今年は何となく落ち着いて二人で作ることが出来たなあと思います。

二人で迎えるクリスマスももう18回目?チキンも18回目?ぐらいかな。

そりゃ落ち着くわ。。。

                                                 

今年のチキンは「むそう塾」でも使った阿波尾鶏

いつものように近江町のお肉屋さんで注文しました。

京都の中川さんもおすすめの鶏肉ですからそれはもう美味しいです。

臭みがなく、鶏肉のいい香りがします。

身も柔らかくてジューシー。

                                                

まずはお腹の詰め物を作ります。

ソーセージ、パン、セロリ、リンゴを適当に切ってスパイスで味付けしたものをお腹につめます。

んー、でも、今年の詰め物はいまいちでした。ソーセージがいまいちだったみたい。

来年は豚のひき肉にするぞとガリーさんは言ってましたが、鶏のお腹になんでわざわざ他の動物の肉を詰めるのか?私としてはやっぱりキノコとご飯を詰めたのが今までで一番好きだったけど、これだけはすべての指導権がガリーさんにあるのでしょうがないかな?

                                                

詰め物を詰めたら今度はオリーブオイルを全体に塗って(去年まではこれをバターにしてたからやっかいでした。)塩こしょうして、上にベーコンを何枚かのせてそれをアルミホイルで覆ってまずは一時間や来ます。

その後アルミホイルをとって焼き汁をかけながらさらに30分やいて出来上がり。

こんがり皮はパリパリ、中はジューシーに焼けました。

という訳で、今年のデータとしては2キロの鶏を190度で1時間半焼。

もうちょっと、あと15分ぐらい長く焼いてもよかったかなー。

                                                

J-Foto.com Blog Photo Blogソースはグレービーソースとクランベリーソース。

このグレービーソースをもっと上手に作れるようになりたいです。

クランベリーソースは適当に作った割に美味しかったです。

赤い色がクリスマスっぽくて素敵♪

来年はジェリーじゃなくてつぶつぶが入ったやつで作ろう。

以前、大阪のビストロで食べた子羊のローストにかかったベリーのソースがとても印象的だったので

そのイメージで。

お肉にベリーって日本人には想像絶する感じもしますが、映画や絵本には時々登場しますね。

ベリーの酸っぱさと赤ワインや胡椒の濃くがあわさって何とも言えない華やかなお味です。

                                                 

J-Foto.com Blog Photo Blogさて、この2キロの鶏さん。

この夜に半分平らげました。

J-Foto.com Blog Photo Blog残りは次の日のお昼にサンドイッチ。

さらに夜にもう一回焼き直して完食!

意外とあっさり食べきりました。

いつもならカレーまで突入するんですけど、、、。

                                                

デザートは、アップルクランブル。ハーゲンダッツのアイスクリームと。

J-Foto.com Blog Photo Blog                                                

今年も美味しい鶏肉があって美味しくお料理できて、一緒に美味しく食べられるパートナーがいることに

感謝!

来年もどうぞよろしくね。

と、、、その前に明日はガリーさんの誕生日♡

2009年 12月 23日 Wednesday

ことしの5月から京都の「むそう塾」へ通うようになってから
氣というものを意識するようになりました。
すーっとした氣の流れ。
すべてのものがうまくかみ合うような。
玄米の炊きあがりにも影響します。
緊張してたり、テンぱったりしてると固くなったり
気弱になると柔らかくなりすぎたり。
                                                               
お客さんの流れもなんとなく。
自分の能力というか許容範囲とぴたりと行く時があります。
自分的に最大に準備が整っていているときにそれにぴったりのタイミングでぴったりの人数のお客様が来てくださる。
そういう時はスムーズにサービスがいきとどいて準備していたものがきれいになくなったりします。
そんな時は終わってからもとっても落ち着いた気分になります。
でも、今日は自分の許容範囲を少し超えたところをがんばってこなしました。
時々あるのですが、そういう時は反省点もあるけれどとても充実します。
無理すればやれたかもしれない注文を丁寧にお断りしてやっぱり良かったーとか。
でも、それぐらいやって差し上げたかったのよぉとか。。。。
今度は出来るようにしとくからね!みたいな。
                                                              
あんなこともこんなことも。。自分の氣が整ったらうまく行くのかしら?
そんなことを思いながら、明日は今年最後の営業です。                                     
                                                              
あまりにもすてきな出会いにめぐまれた、とても充実した一年でした。
でも、それについて行けずあたふたしている自分。
もっともっと!と思いながらなかなかねえ。
そんな浮き沈みを思い返しながらも、やっぱり今年は最高の一年だったと思えます。
                                                              
来年はもうちょっと落ち着いて、今年の出会いを噛み締めるように
丁寧に生きていけたらいいなあと思います。
                                                              
と言いながら、昨夜あたりからすでに、飲めや歌えの忘年会シーズン到来です。
29日までノンストップです。
どうなることやら。。。
乞うご期待です♪

2009年 12月 21日 Monday
J-Foto.com Blog Photo Blog

真っ白です。

雪は清らかなイメージ。

一年の汚れと雑音を清めてくれる感じ。

キーンとした空気が気分を引き締めてくれます。

雪の上をざくざく歩くのもいい気分。

でも、ちょっぴり股関節にひびきます。気をつけましょう。

                                                 

なんか晴れて来たので兼六園でも行こうかな?と思ったらまた暗くなって来ました。

                                                 

この時期に、ドドーンとなる雷を鰤起こしっていいます。

雷が鳴ると鰤が大漁になるといわれてます。

あー鰤大根食べたい♪

フユイチゴのケーキ

2009年 12月 17日 Thursday
J-Foto.com Blog Photo Blog

フユイチゴをジャムにしてケーキにしました。

おからのケーキをベースにジャムを散らして上にスコーンの生地をのせたざっくり系。

                                                 

フユイチゴのジャムはしゃばしゃばになったので葛でとろみをつけて。

お砂糖かなり少なめでブランデーたっぷりにしたのでそのままでは食べれたもんじゃありません!

でも、ケーキのほのかな甘みとシナモン、クローブ、ナツメグの香りとあわさって

大人のケーキになりました。

今夜はこれを忘年会に持って行ったら好評でした。

明日はお店で出したいと思います。

                                                 

最近、スクエアーケーキは野田琺瑯で焼いてます。

今まで流し缶で焼いたいたのだけど、変形するしどうもうまく焼けなかったので。

野田琺瑯で焼くとしっかり焼き込まれる感じ。気のせいかなあ?

そのまま蓋もできるし、そのままカウンターにおいてもかわいいので重宝します。

直火にもかけられる優れものです。

イチゴ摘み

2009年 12月 14日 Monday
J-Foto.com Blog Photo Blog

今週から雪になるというので、雨の中急遽フユイチゴを摘みに行ってきました。

茂みの中の地面すれすれのところをよーくみると、あるある!真っ赤なイチゴ。

雨できらきら光って本当に宝石のようです。

J-Foto.com Blog Photo Blog

まだ蕾のもあって、こんな風になってるんだとまじまじながめたり。

J-Foto.com Blog Photo Blog

ちょっと寒かったけど、夢中になって摘んじゃいました。

酸っぱいのをパクパク口にも放り込みながら、3カ所回ってボールにいっぱい収穫しました。

J-Foto.com Blog Photo Blog

こういう時は、動物のために少し残しておくのがルールであると星野道夫の本に書いてあったけど

この金沢の里山でどの動物がフユイチゴを食べるんだろう?

摘んでてもあんまり食べられたような様子がまったく見られません。

一緒に行ったおじさんも鳥が食べてるのすら見たことないって行ってました。

ツルにちょっととげがあるけどとっても美味しいのに誰も食べないのかしら?

不思議です。

さてこのイチゴたち、ざっくり系のケーキにするのとそれからお酒で何かできないかなあ?

                                                 

イチゴのあとは芹とクレソンも採って大満足。

山って食べるものがたくさんあるなあと感動しながら帰りました。

むそう塾 12月

2009年 12月 11日 Friday

むそう塾8回めは「焼く」です。

                                                 

J-Foto.com Blog Photo Blog

蒸してから焼く

ゆでてからバーナーで焦げ目をつける

焼き台で真っ黒になるまで焼く

                                                 

焼くって言うのは陽性の調理法なんですね。

わかっちゃいたけどお野菜を焼くのはなかなか美味しくできなくて敬遠してました。

下ごしらえをしっかりしてじっくりじっくり焼くのがコツかな?

金沢は今レンコンがとても美味しい季節です。

レンコンのステーキはガリーさんも大好き。

こんど作って差し上げましょう。

 
そういえば、パプリカを真っ黒に焼いて皮をむいて食べるのがあるけど、あれも陽性な調理法なのかしら?                                            

中川さんが作ってくれた粕汁も美味しかったです。

J-Foto.com Blog Photo Blog

これは京風。

お味噌を使わずにこってり酒粕!!って感じ。

家の母が作るのはごぼうとにんじんとお揚げのお味噌汁に酒粕を入れたものでした。

どっちもとても好きですが、京風のはやっぱりおごっおうって感じがします。

上品だし。。。

ご飯ががしがしすすむのは富山風♪

まあ、食べなれてるってことでしょうね。

母の味強しです。

                                                

教室の後、今回はこのあいだ金沢へ遊びに来てくれたN美ちゃんと「焼き野菜ISOYA」へ。

昼から焼き野菜三昧ですが、こちらもまた甘ーくやかれたキャベツやら白菜やらお魚やら。。。

ビールもすすんで美味しかったね!

なんだか楽しくてあっという間に夜が更けました。

お酒が飲めるマクロビ仲間ができたって、なんて素敵♡

同じクラスにも何人かいらっしゃいます。はなしませんからー♪

                                                

そして、次の日。

京都国立近代美術館の「ボルゲーゼ美術館展」

見よ!このエロい白鳥の目つき!!

そしてレダの腰つきったら!

「レダと白鳥」

J-Foto.com Blog Photo Blog

神話を題材に描かれたダヴィンチの画の模写。

白鳥に化けたゼウスがスパルタ王の妻のレダを誘惑して双子が卵から生まれる。。。の図

人間同士の性愛描写より、人間と白鳥のほうがまだましと思われていた時代。

でも、やっぱりエロいからオリジナルは破棄されたらしい。

調べると同じ題材でもっとすごいのあります。

エロいからって訳じゃないけど、この画が一番印象に残りました。

一番最後まで観てからもう一回もどってじっくり観ました。

絵はがきも買っちゃいました。

こんな色気のあるお料理が私にもできないかしら。。。なんて思ったり。

金沢ではなかなかこんなヨーロッパ系の展覧会がないからとてもラッキーでした。

「ルーブル展」は見逃したけど。

来月は「THEハプスブルク展」です。

楽しみ♪

                                                

そしておまけ。

どどーん♪

J-Foto.com Blog Photo Blog

すぐきさん